あるある~1

あるある~2

あるある~3

あるある~4

あるある~5

あるある~6

あるある~7

あるある~8

これからママになる方がいたら、大変なこと以上に愛しさが勝るからママは安心してくださいね。
「泣き止ませてあげなよ」というパパがもしいたら、あなた(パパ)がまずやってみてくださいね。

あるある過ぎて報告しないだけで3日に一回くらい唇切ってるママは多いはず。

パートナーが協力的だったり、笑ってくれるだけで育児って途端に気持ちが楽になります。
逆にパートナーが子どもに対してイライラしたり「なんとかしろ!」というスタンスだと相当苦痛になります。(我が家じゃないですよ!)

悪気なし

普段子どもの癇癪に慣れていないパパは「なんで泣いているの?」とママに聞く前に一緒になってあやしたり、笑顔でいてあげて欲しい。

なぜ泣いているのか聞かれてもママも聞きたいくらいだから。

いっぱいいっぱいの時ってただの質問ですら「なんで泣かせているの?」と責められているような被害妄想となって心が苦しくなります。

でもママに頼ってしまうパパもきっと悪気なくて、ママに任せていた方が良いのかな?くらいに思っているのかも。

悪気なし2

私も未熟なのでただの質問に対して感情的になってしまうことも…(主人よスマン…)

すべての人に当てはまることではないと思いますが、我が家の場合は嫌な気持ちになった場合はその都度伝えています。もちろん感情的ではなくお願いというスタンスで。
主人も悪気ないので素直に「そうやったんやね」と聞いてくれます。

悪気なし3

また、やってほしいこと、任せたいことも主人にどんどんお願いします。

「言わなくてもわかってほしい!」というのは大概通用しません。
伝えたら理解してくれるのでだいぶ気持ちが楽になります。

寝かしつけ終わってリビングに戻ると洗い物とか終わってて主人に感謝しかありません…愛…(主人アカギレ酷いのに…)

主人には感謝の気持ちも目一杯伝えるようにしていますが、照れ隠しで「はーお小遣いアップやねー」とかばかり言うので、感謝の気持ちを込めて睨み付けています。

LINEで読者になる